お気楽ビーグル「福」のブログ・・・だったけど、

「福」さんの思い出と、その他のワンを「勝手に応援」し「勝手に画像加工」するブログになりました。 ・・・ちょこっと覗いてみる・・・?

<< 2013-09- | ARCHIVE-SELECT | 2013-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

クイズ?



 香川の「SUNちゃん」のトコ(いつもの毎日)にUPされていた
 九州ビーグルオフ会の集合写真(クーママさん撮影だそうだ)
 勝手にお借りしてきて 加工しました。

131028_2web.jpg

 上の画像と 下の画像では14の異なる部分
 あるのですが・・・ わかる???
 簡単だから賞品は無し!
     (大きい画像で見たい方は「福のBBS【←クリック】へどうぞ)
スポンサーサイト

| ヨソの犬 | 19:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

九州オフ



 何の関係もなく、今年10月13日の「九州ビーグルオフ会」の
 集合写真の画像加工をやろう! と思ったワケさ。
 ぜ〜んぜん関係ないんだけどね。 
 もう3回目さ。 で いろんなブログのUPを待ってたんだけど、
 まァ皆さんお忙しくて(?)なかなか集合写真の画像をUPしないので
 こちらとしても、ど〜しようもない。
 となれば、これだ! ビートルズのジャケットデザインのパクリ!

 過去にも作ったことがある。(データを見ると2010年1月だ)
 登場しているビーグルは、ほとんどが当時おつきあいの多かった
 関東連合関係の方々。
 九州関係は長老「るくお君」だけ。(左の画像の下段・中央)
キャンミルちゃん」たちとは まだご挨拶もしてなかったんだよな。

 この2つの画像。「ただ一人」どちらにも登場しているビーグルが・・・
 そう「SUNちゃん」。 (左画像の右列 & 右画像の左列、どちらも上から3番目)

 大きい画像でご覧になりたい方は「福のBBS」へどうぞ!!

| ヨソの犬 | 09:24 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

初回特典

131023_2web.jpg

 中学校の先生をやっている美人(?)から 連絡をいただいた。
 15年以上ぶりだ。 曰く『「いのちの歌」のピアノ譜 持ってない?』と。
 ど〜ゆ〜ワケか持っていたので、コピーをとってお送りした。
 実は、この楽譜はCDのおまけ・・・
 この曲は5〜6年ぐらい前のNHK朝のテレビドラマ「だんだん」の挿入歌で
 主演のマナカナこと三倉茉奈&佳奈がCDを出したんだけど、
 作者である竹内まりやも、カバーしてシングルCDを出したのさ。

 さて、お立ち会い。本題はここから。
 そのシングルCD、普通の4曲の他に、初回盤のみ限定ボーナス曲で、
いのちの歌-ピアノ&ボーカル・バージョン」とその譜面
 入っていたのですよ。・・・ど〜でもいいか?

131023_1web.jpg

 限定と言えば、シングルCDのA面(?)って、ヒット曲が多くて、
 大きいCD(アルバム)やベスト盤に入ってるから入手可能だけど、
 昔でいうB面(カップリング曲)は、わりと知られていないうえに
 欲しけりゃ シングルCD買うしかないんだよね。

 で、2007年に発売された「Denim(デニム)~洗いざらしの竹内まりや~」には、
 おまけとして、ボーナスCD「Vintage Denim」が付属していたのだよ。つまり

   1. Hey! Baby = 1989年『シングル・アゲイン』のB面。
   2. 夜 景 = 1986年『恋の嵐』のB面。こ
   3. 約 束 = 1994年『純愛ラプソディ』のB面。
   4. ミラクル・ラブ = 1992年『マンハッタン・キス』のB面。
   5. 真冬のデイト = 1995年『今夜はHEARTY PARTY』のB面。
   6. トライアングル = 1994年『明日の私』のB面。

 以上の6曲は、シングルで集めなくても手に入ったってワケさ。
 
 但し、ボーナスCDがついていたのは初回限定だ!(トホホ)

| ジャケット | 11:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

うみ〜!



 ウチから歩いて30分かからない所にある「海」であります。
 深海魚で有名な駿河湾の奥(北側)の方・・・・

「福さん」波が怖いので海には絶対近づきませんでした。
 今となっては ど〜でもいいことですが・・・・

 昨夜、知り合いからのメ〜ルで、
 最近「お孫さん」の記事がないのですが・・・という質問が
 ありましたので、ご説明(?)・言い訳(?)いたします。

 さる方から「太くて痛そう」もとい不特定多数の方が
 閲覧可能なブログに「個人の情報を垂れ流すのはいかがなモノか」と
 いう指摘をいただき、「それもそうだな!」・・・と考えるに至ったので、
 今まで掲載した物は、とりあえず そのままにしておくにしても
 10月1日以降の「チビさん関係の画像、そして記事」は、ウラ側の
 まったく人目に触れぬ、 別コーナーに移動させていただきました。


 

| 福の生活 | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

玄関前!



 玄関前に「福さん」がいる! 何だかそんな気がする日があります。
 スッキリは晴れていない、でも雨が降りそうでもない日・・・
 理由は分かりませんが、奥様も「そんな感じ」がするらしいよ。

 ま、来ていても、来ていなくても ど〜でも良いのですが、
 来ていてくれた方が嬉しいな。来たら合図すればいいのにね。

| 福の生活 | 10:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

安倍川!



 数年前の今日・・・・・
 散歩に行った、静岡市内を流れる「安倍川」でのスナップ。

 若い頃から、美白&おっさん顔の お嬢さんでした。


| 福の生活 | 10:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

資源…!



 本日は、第3木曜日なので「資源ゴミ(ビン・缶)」の回収日でした。
「福さん」がいなくなって、朝の散歩も行かなくなっちゃったので
 久しぶりに公園まで足を伸ばして、以前の散歩仲間のワン’ズを
 触りまくり、なで回してきました。  至福の手触りでした。

 画像はちびっ子時代の仙台のご長男と、子分の「福さん」。

| 未分類 | 08:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

台風が!



 でっかい台風が来ています。
 下手をすると明日未明に上陸か?・・・とかなんとか・・・
 サッカー中継中に停電しなきゃいいか??

 画像は「椅子とりゲームの福さん」お相手は双子の兄ちゃん。

| 福の生活 | 14:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福さん!



 ・・・と言うわけで(唐突だなァ)
 次女と、そのご長男はA県に帰って行かれました。
 もちろん、奥様は付き添いで一緒についていきました。
 だからワシ、またお気楽な留守番暮らしだ・・・・・

 画像は、長女のご長男の幼き頃とウチのお嬢さんのおさしん

 一人で飲みながら「福さんの月命日」を忍びます。


 

| 福の生活 | 19:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ディープ



 イギリスのロック・バンド、ディープ・パープルが1972年に発表した
 アルバム「マシン・ヘッド (Machine Head)」=左
 超有名な「ハイウェイ・スター - Highway Star」と
スモーク・オン・ザ・ウォーター - Smoke on the Water」、他
 そして 
 アメリカ合衆国のロック・バンド、ドゥービー・ブラザーズ
 1973年に発表した「キャプテン・アンド・ミー(The Captain and Me)=右
 大ヒット曲「ロング・トレイン・ランニン - Long Train Runnin」が
 入ったアルバム。

 どちらも名盤だな。

| ジャケット | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ボーイズ



 ビーチボーイズ (The Beach Boys) は、1961年(半世紀以上前)に
 ブライアン、デニス、カールのウィルソン三兄弟と、従兄弟と友人で
 結成された五人組のアメリカのロックバンド。
 ビートルズの最大のライバル・・・とも言われている!

 圧倒的に評価の高い 1966年のペット・サウンズ (Pet Sounds)
 と、それ以前の 数枚の お気楽サーフィンミュージックの中から、
 超名曲「サーファー・ガール」をタイトルにした、1963年の
 サーファー・ガール ( Surfer Girl ) で1.2.フィニッシュかな?

| ジャケット | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

イーグル

131009web.jpg

 イーグルス(Eagles)は、1971年にデビューしたアメリカのロック・バンド。
 アメリカ西海岸を拠点に活動しながら世界的人気を誇り、トータルセールスは
 1億2000万枚を超える。主な代表曲は、「テイク・イット・イージー」
「ならず者」「呪われた夜」「ホテル・カリフォルニア」など。

 ワシの中でダントツの一位は、1976年の 『ホテル・カリフォルニア
 二位は、1975年の 『呪われた夜』よりも、1979年の 『ロング・ラン
 となりましたが、1994年 の『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』とか 
 何と言ってもバカ売れした『グレイテスト・ヒッツ 1971-1975』
 (全米歴代で最も売れたアルバム)とかも捨てがたいよね。


 

| ジャケット | 13:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

エルトン

131008web.jpg


 エルトン・ジョンは、1969年にソロ・デビューしたイギリスのミュージシャン、
 シンガーソングライター。代表曲に、「ユア・ソング」「クロコダイル・ロック」
「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」「ダニエル」などがある。

 1994年には、ディズニー映画『ライオン・キング』の音楽。を担当
 主題歌「愛を感じて(Can You Feel the Love Tonight)」も
 グラミー賞最優秀ポップ男性ボーカル賞とアカデミー歌曲賞を受賞。 
 ダイアナ元皇太子妃への追悼歌「キャンドル・イン・ザ・ウィンド 1997」
 大ヒット等 長い間第一線で活躍・・・・ヒット曲もどっさり・・・

 だけどワシの中では
『ピアニストを撃つな!』(1973年)、『黄昏のレンガ路』(1973年)がベスト2
 ・・・・・文句あっか?

| ジャケット | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

CSN&Y



 ニール・ヤングが出れば、次は CSN&Y
 クロスビー/スティルス/ナッシュ&ヤング(Crosby, Stills, Nash & Young)は、
 1960年代末から1970年代初頭にかけて活躍したアメリカのロック・グループ。
 • David Crosby (元バーズ)
 • Stephen Stills (元バッファロー・スプリングフィールド)
 • Graham Nash (元ザ・ホリーズ)(以下CS&N)の3人が母体で
 デビュー・アルバム『クロスビー・スティルス&ナッシュ』を発表。
 さらに
 • Neil Young (元バッファロー・スプリングフィールド)が加わり
 ウッドストック(1969年8月)への参加、アルバム『デジャ・ヴ』の爆発的ヒット
 などにより、商業的にも知名度の点でも、頂点を極めた。
 しかし、
 • デジャ・ヴ Déjà Vu(1970年)と、・・・2枚組ライヴ盤の
 • 4ウェイ・ストリート 4 Way Street (1971年)を残し解散。
 以後ベスト盤や、再結成盤が出る物の、やっぱし、この2枚で決定!

| ジャケット | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ニール!



 ニール・ヤング(Neil Young)は、カナダ出身のシンガーソングライター。
 クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングや クレイジー・ホース、
 バッファロー・スプリングフィールドのメンバーとしても活躍。

 ず〜っと一線で大活躍のスーパーじ〜様。

 しかしワシの中では
 1970年のアフター・ザ・ゴールド・ラッシュ(After The Gold Rush)と
 1972年のハーヴェスト(Harvest)がベスト2。

| 未分類 | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サンタナ



 サンタナ(Santana)は、アメリカのラテン・ロック・バンド。
 ギタリストのカルロス・サンタナ(Carlos Santana)を中心にしたグループ。

 1969年にウッドストック・フェスティバルに出演し、大絶賛。
 セカンド・アルバム『天の守護神』(左上・1970年)はチャートで1位を獲得。
 ジャズ・ロック色を強めた『キャラバンサライ』(右上・1972年)発表後、
 大幅なメンバー・チェンジが起こり、『ジーバップ!』(1981年)は、
 全米9位となるものの、その後の作品はチャート・アクションは低迷。

 1999年に発表したアルバム『スーパーナチュラル』(中央)が、
 バンドにとって28年ぶりの全米1位獲得を果たし、アメリカだけで1500万枚、
 全世界で3000万枚以上を売り上げるという大復活となる。
 ※ グラミー賞史上最多の9部門を受賞する。

 ワシは初期の方が好きだけど、コンスタントに活動を継続する息の長いバンド。

| ジャケット | 09:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジャニス



 本日は、若くして急逝した「ジャニス・ジョプリン」の命日。
 1970年10月4日の事。薬物の大量使用による “ 事故死 ” だといわれている。

 ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニーに参加。
 1967年のアルバム『ビッグ・ブラザー・&・ザ・ホールディング・カンパニー』
 は大して評判にもならなかったが、
 モントレー・ポップ・フェスティバルにおける演奏で大注目の的となり
 1968年のアルバム『チープ・スリル』(左側)でブレーク!!

 その後、コズミック・ブルース・バンドを結成。
 1969年に『コズミック・ブルースを歌う』を発表!

 解散後、フル・ティルト・ブギー・バンドを結成。
 1971年最後のアルバム『パール』(右側)は、死亡のため 未完のまま
 発売。 彼女の短いキャリアにおける最高の売り上げを記録した。

 その後、色々なライブ音源がCD化されているが、正規にCBSから発売されたのは
 この3枚だけ(ベスト盤や企画盤を除く)だが、いずれも、2004年8月に
 デジタル・リマスターされ、発売されているのはうれしい!!

| ジャケット | 14:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

タルカス



『タルカス(Tarkus)』は、1971年5月に発売された
 エマーソン・レイク&パーマーのセカンド・アルバム(左)。
 表題曲である「タルカス」は、20分を超える壮大な組曲で、
 想像上の怪物・タルカスが火山の中から現れ、地上のすべてを破壊し尽くし、
 海に帰っていくというストーリー。ジャケットに描かれている「タルカス」は、
 アルマジロのような体に戦車が合体しているイラストである。

 ちなみに、昨日のキングクリムゾンのグレッグ・レイク(ヴォーカル&ベース)
 が、このトリオでも「ヴォーカル&ベース」として参加している。

  日本の作曲家である吉松隆がオーケストラ・ヴァージョンとして編曲したものが、
  2010年に発売された『タルカス~クラシック meets ロック』(右の画像)
  演奏は東京フィルハーモニー交響楽団で、2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』で
  劇中音楽として使用されている。


| ジャケット | 08:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キングC


 
クリムゾン・キングの宮殿』(In The Court Of The Crimson King)は、
 1969年に発表されたキング・クリムゾンのファースト・アルバム。
 キャッチコピーが「ロックの新たな始まりと終焉を同時に内包したアルバム」。
 ビートルズの「アビィ・ロード」から一位を奪い去ったことでも有名。

 このジャケットのインパクトはもの凄く、CDでもそこそこの迫力なのに、
 当時は31cm×31cmのジャケットのバカでかいLPレコードだったから・・・
 そりゃぁもう・・・

21世紀のスキッツォイド・マン」(Twenty First Century Schizoid Man)
      (当時は「21世紀の精神異常者」と言う邦題だったぞ)
クリムゾン・キングの宮殿」(In The Court Of The Crimson King)
エピタフ(墓碑銘)」(Epitaph)、他 ・・・と大作しかも名作ぞろい・・・


| ジャケット | 14:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

原子心母



『原子心母』 (げんししんぼ、原題:ATOM HEART MOTHER ) は、
 1970年に発表されたピンク・フロイドのスタジオ・アルバム。
 プログレッシヴ・ロックを代表する名盤として知られている。
 邦題は、「Atom=原子」「heart=心」「Mother=母」と英語を
 そのまま直訳したもので、ワシの大好きな一枚でもあるのです。

 2曲目は、ミルクたっぷりの乳房 ( = Breast Milky )

 関係ないけど、ウチの「期間限定巨乳」の母牛は
 チビ太君と一緒にお昼寝中であります。


| ジャケット | 14:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |