お気楽ビーグル「福」のブログ・・・だったけど、

「福」さんの思い出と、その他のワンを「勝手に応援」し「勝手に画像加工」するブログになりました。 ・・・ちょこっと覗いてみる・・・?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

リペア1



 6月9日(金)のブログに
 今日はコツコツとギター直しています。偶然手に入れた古いヤツ。とあって、
・・・なんだそれ? という質問がたった一人からきましたので お答えです。
 画像を見ていただくと普通のギターだが、白い破線で囲んだ部分
 ブリッジって言うんだけどね、ここがはがれちゃった状態だったのさ。
   弦を張ったまま 日なたとか、クルマの中に放置しておくと
   大音響と共にはがれます。(一度やってみる?) 

 で、こうなると簡単には直らない。根気と専用の器具がいる作業で
 本当ならプロにお任せするべき仕事なのだが、
 時間とお金がものすごくかかるので、安いギターは廃棄となるんだよ。

 ボディも、ブリッジも素材は「木」だから、強い力で貼り合わせるしか
 方法はない。で、必要なのが、ボンドとガッチリ押さえる器具・・・
   ボンドは「フランクリンのタイトボンド」ってヤツで、
   器具は「Cクランプ(深アゴタイプ)」・・・押さえる箇所の数だけ

 ボンドは貼ってから 最低24時間待たねばならず、その間ズ〜っと強い力で
 押さえてなきゃならないのさ。押さえておくのに、プロは専用の工具を使う
 のだが、今回はCクランプ。(ただし、深アゴタイプは後々使うことはない)
 
・・・面倒くさいから・・・そうこうしているうちに四日かけて直りましたとさ。

 もう、やんねェ。
スポンサーサイト

| ギター/楽器 | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://okirakufuku.blog.fc2.com/tb.php/1902-e3d04e1c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>